2006年08月02日

秘蔵版:平との出会い

これはずっとupしようか迷っていた記事です。(平ネタが切れた)この機会に勇気を出してupしてみようと思います。

6月3日記事で平との出会いについて書きました。今日は私が猫好きになるきっかえを与え、平との出会いを与え、平の命を救った猫のことを書いてみようと思います。

だんだんと薄れ行く記憶の中で時々ふと思い出す、2003年8月に生まれ、2004年7月末に1歳を迎えることなく亡くなったクリ。

享年:11ヶ月 死因:猫伝染性腹膜炎(FIP)

くり01.JPG

出会いは忘れもしない2004年12月20日。たまたまその場所を通りかかった猫好きでもなんともない私の心をつかんだ猫。それがクリでした。

陽気で大雑把、とっても優しい猫でした。たくさん遊びました。

2004年4月末。最初で最後のお泊り旅行なんて浮かれながら兄弟達と一緒に病院へ行きました。クリは去勢手術、兄弟の2匹の猫達は避妊手術を受けました。

くり02.JPG

2004年5月25日。クリの運命が変わる事件が起きました。仲間のオス猫が刃物で殺されました。

それからみるみる元気がなくなったクリ。

2004年6月20日ごろ。妙にお腹が膨れているのが気になり、病院へ行きました。クリのお腹には腹水が溜まっていました。

猫伝染性腹膜炎 日本ではワクチンもなくて治療法もない不治の病です。ほとんどの猫が体内に持っているコロナウイルスが突然変異して感染します。が、その菌は弱く感染しても発症する確率は約1割。大きなストレスなどが原因で発症するようです。

クリの闘病生活がはじまりました。日に日に水がたまって大きくなるお腹。その水に栄養があるので抜くと弱ってしまうと獣医さんにいわれました。でも、どうせもうすぐ死んでしまう。ならば、少ない命を楽に過ごさせてあげたいと思い、利尿剤で水を抜きました。

水を抜いて体調がよくなったのは1〜2日だけ。そのあとは本当に弱ってしまいました。

2004年7月21日。クリと過ごす最後の日となりました。その頃には本当に弱ってしまっていて、一日に缶詰一口と猫用ミルクを少し舐めるくらいになっていました。しかしこの日は大きな缶詰めを半分も食べました。この日を境にクリは姿を消しました。

くり03.JPG末期のクリ。

平を拾ったのもこの場所です。平が我が家に来た時、クリは闘病生活の真っ最中でした。平とすれ違うようにして死んだクリ。もしかしたら私のことを平に任せたのかもしれません。

クリは野良猫でした。仲間の猫達も避妊・去勢をしていました。でも、毎年おびただしい数の捨て猫があります。そしてそれよりもっと悲しい虐待、虐殺。

平ネタが切れたとき気が向いたときにはこの場所の現状やほかの猫たちの話を書いていきたいと思います。誰に知られることもなく、寂しく辛い死に方をしていった猫達のことを知ってもらい、私自身、この猫達のことを忘れないためでもあります。

悲しい話ばかりではなく、捨て猫だったけれども、里親さんの元で幸せに暮らしている猫たちのことも書いていこうと思います。

こんな暗い記事はいやだという方もおられるかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)そんな時はコメント欄に遠慮なく書いてください。平記事との二本立ても考えておりますかわいい

長文にお付き合いいただきありがとうございました四葉

ニックネーム ヒステリーキャット at 00:00| Comment(19) | TrackBack(0) | 想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする